読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙人の秘密 宇宙人からの交信情報(地球外知的生命・エイリアンの秘密・UFO情報)

異次元の宇宙より、宇宙人/ET・エイリアン・地球外生命から直に量子テレポートによる交信をしている著者による、人類最大の秘密を記述しています。

筆者の境遇を「映画作品」や「社会的事象」等に「テレパシーで宇宙人が反映させる現象」

ET UFO エイリアン マインドコントロール 宇宙人 テレパシー ハリーポッター 白鵬

筆者の境遇を「映画作品」に「テレパシーで宇宙人が反映させる現象」
現実に「宇宙人/ET」と交信し続けている、当ブログの筆者「高野愼介」は、子供のころより「宇宙人/ET」にモニターされ、その境遇などが「映画や作品」に反映される現象が、複数起きています。
これは「宇宙人/ET」が「テレパシーの技術で、製作者に”脳へ情報を伝え”」その内容を作品に反映させて、複数の作品にそのような現象が起きています。

悠仁親王のお印が「高野槇
悠仁親王のお印が「高野槇」と決まり、高野槇の写真入のパンフレット用紙袋を製作した。また高野槇の名の由来である高野山への交通手段である南海電気鉄道では、誕生記念として難波駅高野槇1000本を乗客に無料配布した。 これは「高野愼介」の名前にに合わせ、宇宙人達が操作した現象です。

f:id:lachesith:20160509083351j:plain



高野愼介の誕生日は昭和55年,「1980年5月30日生まれ」です。それに合わせ宇宙人が操作した現象が各所で見られます。
映画「第9地区」で登場する「FY530」
第9地区」エイリアン難民をテーマにしたハリウッド映画。
「小屋番号FY530」という場所が、「エイリアン側の主役クリストファーの拠点」として登場します。
この「530」という数字は、当サイトの執筆者である「高野愼介の誕生日」が「5月30日」であり、それにに合わせて「エイリアン/宇宙人/ET」が「530」という小屋番号を映画の中に組み込んでいるという事例です。
また「クリストファー」の名前の意味は本来の聖者の名前の由来となる「キリストを運ぶ・担うもの」と意味しています。


私の誕生日に一致する、歴史的な出来事
「55」の数字は小惑星パンドラ (55 Pandora) と同一である。
土星の衛星「パンドラ」も「1980年」に発見され、仮符号S/1980 S 26、1980年生まれの高野に一致させている。
映画アバターが「惑星パンドラ」の舞台であり、パンドラの箱の秘密とも関連し、それは、映画アバターで描かれた「アバター操作技術」が「現実世界で使われて おり」のよ”宇宙人・知的地球外生命”が「人を遠隔操作出来る」という「最大のパンドラの秘密」を公開する者が「昭和55年=1980年生まれ」である事 を「二つのパンドラに付けられた数字」と一致させるように「高度な計算で宇宙人が操作し一致させている」

2006年トリノオリンピック 女子フィギュアスケート 荒川静香選手が金メダルを決めた際のフリーの楽曲がトゥーランドットである。
トゥーランドットの名称は小惑星の名称であり、小惑星(530 Turandot)の「530」に合わせ、上位の宇宙人がその曲を選ばせ、演技では重力場によるサポートをしていた。

【2007年5月30日朝青龍以来、4年4ヶ月ぶりに新横綱誕生。5月場所では全勝優勝を遂げた白鵬を、横綱審議委員会は満場一致で横綱に推薦。30日の理事会で正式決定し、第69代横綱白鵬が誕生した。
(4年4か月も計算されており、44は強いETによる数値で、オバマは44代アメリカ合衆国大統領です、また白鵬の生まれた日も計算されており、「1985年3月11日」3.11東日本大震災の天災の日を予定されています。)

ハリーポッターが赤ん坊の時に魔法で受けた額の傷」
私の額には「ハリーポッターが1歳の時についた額の傷の設定と同じ箇所に、”頭蓋骨の裂け目”が生まれた時についています」設定同様に「消えない傷=頭蓋骨の傷」となっています。また1980年7月31日がハリーポッターの誕生日であり、このブログの筆者である高野の誕生した1980年の生年とも一致しています。
私の額にある頭蓋骨の割れ目が「ハリーポッターの額の傷の設定元」です。
[Blue-rayジャケットの額の傷を参照]

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 [Blu-ray]

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 [Blu-ray]

 

1999年5月30日 西村博之氏が巨大掲示板群「2ちゃんねる」を開設。
ETコンタクティやET/宇宙人との交信を「チャネリング」と呼び、「交信者をチャネラー」と呼ぶ言葉が海外に以前からあります。
それに真似をしネタとして「2ちゃんねるユーザーの事を、意図的に”2ちゃんねらー・2ちゃねらー”」と人々が言うように「宇宙人/ETが人々にテレパシーで伝えています」

宇宙人であるフリーザの第一形態の戦闘力ガ「530,000」

映画「オデッセイ」 火星から「225,300,000km」(2億2千530万km)

N○K、Eテレ・ジャッジで放送された、プラネット観光タクシーでも、宇宙飛行するタクシーのナンバープレートに「地球530」と記載している。



ナンバーズの当選番号の操作が可能

2015年12月21一に行われたナンバーズの抽選数字
ナンバーズ3 「530」、ナンバーズ4「5306」でした。
ともに「530を含む数字」が「抽選されるように、地球外の高度技術で宇宙人が”操作”していました。宇宙人という存在はこうやって、高速で回転する的に矢が当たるタイミングですら、計算し数ミリ秒単位でその530という数字になるように、矢を放つボタンを押す人に対し、数千分の1秒単位でボタンを押すタイミングを操作することすら可能です。
このように「人を操作することで、宇宙人はあらゆる地球上の事象を操作しています」
その他の5月30日のイベントはWikiを参照ください。
5月30日 - Wikipedia

ジャンヌダルク1431年5月30日に処刑されています。ジャンヌ ダルクも「天使や神」の声や映像が「ET宇宙人の技術により、脳にテレパシーを受けていた」人物の一人です。
ジャンプ作品の「シャーマンキング」に登場す る、ジャンヌダルクをモデルにした「アイアンメイデン・ジャンヌ」、このジャンヌの持ち霊が「シャマシュ」、「シュメールの神シン(SIN)」の子である ”古代シュメールの太陽神シャマシュ”、その”転生者とし復活した高位霊”が実在し、それをモデルとしています。法を重んじる設定と、ジャッジするための霊格を持ちます。
ウル第三王朝時代のシュメールの神「シン(SIN)」(アッカド語)、そのの子である「シャマシュ」を携える「ジャンヌ」つまり「5月30日」に死亡した「ジャンヌダルク」と「シン」を隠されたシードにしているのです。
ガンダム宇宙世紀に登場する「シン・マツナガ宇宙世紀0055年生まれ。宇宙攻撃軍所属のエースパイロットの一人。
筆者:高野愼介の「昭和55年生まれ」と「宇宙世紀0055年生まれ」に合わせている。
ウルトラマンダイナも「身長:55メートル」設定であり、主人公が「アスカ・シン」である。

タカシン」の作品への同時登場(タカシンスケに合わせている現象)
 ガンダムシードデスティニーの主人公「シン・アスカ」そして、「ルナマリアホーク」、ホークは「鷹」の意味であり、二人で「シン」「タカ」を示している。

7つの大罪(The Seven Deadly Sins)(マガジンで連載中の漫画)。
主役は「憤怒の罪(ドラゴン・シン)」で相棒が豚の「ホーク」、「ホーク→タカ」と「シン」を表している。

黒子のバスケ」では、「緑間真太郎(愛称シンちゃん)」と「高尾(タカオ)」のコンビプレーで、「タカオとシンちゃん」のコンビが出来ており、さらにアニメ最終話で上級生が卒業し、二人だけがチームに残るため、そのことを「宇宙人の試験で合格したのが、タカオとシンちゃん」の二人=タカシンスケのみ。という事をセリフにしている。

言葉の葉の庭というアニメ映画でも「主人公タカオ」で「モカシン」という靴を自作で履いている。という「タカオとシン」という設定になっている。(さらに、高野自身が新宿で勤務していた際のモチーフ」を宇宙人がテレパシーで反映させている。

新生鷹の団→シンタカノ団(ベルセルク)
 他にも「マギ」のシンドバッド(愛称シン)など、シンが付く作品が多く、それとリンクしている。
ゲド戦記のゲドが「ハイタカ」(High=高、ハイタカ→高高、竜族の長が「カレシン」→彼シン。
アシタカせっ記の「アシタカ

遊戯王映画で主人公3人を相手にする「パラドックス」の使う「SINトゥルースドラゴン」をはじめとする「7匹のSinの名がつくドラゴン」[7つの大罪(Sin)]とも関連

「シン」という登場人物・作品
ハヤタ・シン(ウルトラマン)、シンエヴァンゲリオンシンゴジラ

映画「ギャラクシー街道 宇宙が舞台で宇宙人が出てくる喜劇映画、
主役の香取慎吾が過去に 「地球」では下北沢に実在する「THE・スズナリ」で働いていたシーンが出てきます。

この「ザ・スズナリ」のすぐ隣に、私に関係した場所があります。
ザ・スズナリの隣に「シアター711」という小劇場があり「私の元同僚の方」が演劇をし、それを観劇したことがあり、
さらに隣には、「月灯」という「私の知人がオーナーになったお店」があります。
「”元同僚の演劇”を私が見たこと」と「その隣に私の知人がオーナーをしている店」それが原因で「現実の”宇宙人/ET”」が「ザ・スズナリ」を「ギャラクシー街道の中に”テレパシーの力”でネタとして仕込んでいます」。

他にも、「私が良く知るお店の店員」が、「富士登山」をした翌年に「世界一周」をしているのですが、それを「宇宙人が元ネタにして」、「ガンダム Gのレコンギスタ」のラストが「主人公が富士登山をし、世界一周の旅に出てエンディング」となっています。

また「筆者が5歳頃に」当時1985年に発売された「トランスフォーマーコンボイ」で、一般に登場している「赤色のバトルコンボイ」に対し「青色のパワードコンボイという色違いの同型のオモチャ」が発売されており、その2つを購入していました。
「当時の5歳頃の私は、その2つをドライバーでねじを外し、パーツを組み替えて、”赤と青のコンバーチブル”のコンボイにしました」
当時のコンボイが「赤」がボディカラーだったのに対し、
「ハリウッド映画で登場した、コンボイ=オプティマス・プライムのボディカラーは”赤と青”の2色になっています」

5月30日に合わせた現象。

グラクソ・スミスクライン を贈賄で有罪とし、2億9700万ポンド(約530億円)の罰金支払い

 他にも宇宙人が私や私の知人をネタにしている数作品ありますがそれらは「知人の個人名を作品に使用しているために、紹介は控えます」
「宇宙人が、作品に現実の人のネタをテレパシーで制作者の操作をして、ネタを仕込む」という事が「現実に多々起こっています」
これは「筆者に限らず、複数の方にも該当します」
それは別途後日記述します。