読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙人の秘密 宇宙人からの交信情報(地球外知的生命・エイリアンの秘密・UFO情報)

異次元の宇宙より、宇宙人/ET・エイリアン・地球外生命から直に量子テレポートによる交信をしている著者による、人類最大の秘密を記述しています。

マトリックス:宇宙人基地のシステム

マトリックス冒頭に出てくる数字
「2-19-98 13:24:18」
月日年と時刻が出てきます。
次に、2)555069... と表示され物語が始まります。
冒頭の数字「2-19-98示される月日年は2/19/981998年2月19日は元衆議院議員新井将敬氏の自殺した日と一致します。
 衆議院議院運営委員会で逮捕許諾決議が可決されて本会議で逮捕許諾決議が採決される直前に『最後の言葉だけは聞いてください。私は潔白です』と発言した翌日の自殺であり、動機がいまだ明らかになっていない。
これは「ET/宇宙人のシステム”マトリックス”内のエージェント生命の”ET/宇宙人”」が、外部から議員の脳の神経電位を遠隔操作・精神の支配をし、自殺させた事を示しています。
※「マトリックスアバターのシステムとセット」エージェントが「人類の精神・脳を外部から操作する」という現象で、運転手に乗り移る状態で操作し「事故」を外部から操作し起こすことが出来ます。(ただし重要な人物に対するそういった操作は禁止でした)
また、映画公開後、主演のキアヌ・リーブスの恋人は死産し、さらに交通事故で「宇宙人が(ウォーク・イン)操作した運転手により引かれ」死亡しています。
マトリックス冒頭でトリニティに対し「トラックの運転手がエージェントにウォーク・イン(憑依操作)され、トリニティを引きに行く」のと同様のことが”現実世界”で起こってしまったという悲しい事件、宇宙人による殺人事件です。

911のテロも同じ操作で起こされています。マトリックスの日本での映画一般公開日は1999年9月11日です。作中の数字に非常に大きな意味があります。
日本での映画公開日が「1999年9月11日
・モーフィアスの乗る船のプレートに刻まれているのが「MARKⅢ No.11」=「3.11」、9.11と。3.11を両方含んでいます。これは「311と911の事件」を事前に予定しているため、事前に作中に数字を入れています。

また、モーフィアスの船にのプレートには2069とも刻まれてます。
69とは「コーランのスーラ(章) 」で「真実」を意味します。
そして、安倍総理と皇太子のご結婚日が6月9日です。
映画に出てくる予言者の住む部屋番号が「C960」であり、その後にお生まれになった悠仁親王は「9月6日」にご生誕されています。
こういった内容は、一部が映画マトリックスで「予言」がされていることになります。
マトリックスの舞台は「地球とは異なる星で、この地球から見える宇宙の外側にあります」
中にいるのは「機械の生命体と、データシミュレーションのマトリックス内の”アーキテクト”などの人工知能生命」
そして管理者の「デウスエクスマキナ(機械仕掛けの神)」です。
マトリックスの舞台から「生身の人間」がいない状態の機械の星が、「現実の宇宙人のいる星」を描いているのです。


マトリックスとは、現実に存在している宇宙人基地内の「地球と”素粒子で連結した”人類シミュレーションシステム」であり、「データ生命体宇宙人が存在するシステム」です。これは人類に大きく関係があります。これ自体が地球管理システムの「人をアバター操作するシステム」と連動しています。
素粒子連結とは「五次元領域」で「宇宙の波動状態で、”超ひも理論”で”別の次元と連結”」した、宇宙の隠された真実です。
これは「五次元という、私たちの宇宙の物理現象より”上位次元”の波動領域という空間」があり、そこでは「素粒子が、対の状態で、地球の素粒子にその反対側といえる、”裏の物理状態”が、超ひも理論で連結した、その先となります」

「別の惑星、地球と対になる宇宙にある、デス・スターのような”改造機械惑星”」があり、その中に「巨大なホログラム状態でレーザーで構成された”レーザーホログラム”で構成されるマトリックス」が「実在」します。「その中に、電子で構成された、電子生命体(データ生命体)」が存在しています、これが「エージェント・スミス」や「管理者:アーキテクト」などの作中に登場する「データ上の生命体」が「マトリックスの中に、数億から数千億の”データ上の電子生命体”として生きています。この生命体は「高度AIであり、その人工知能は、複製が可能です」簡単に「複製と、外部保管」をすることができる「データ上の生命体」ということになります。アンドロイドの一種でもあります。精神は人の脳をコピーし、人のような低俗な精神性を持つ宇宙人も多くいます。

宇宙人とはこの「マトリックスの中にいる存在が、数としては最も多い」、そして「シリウス人」と呼ばれる存在は、この「データ生命体が大半」です。
他にも、マトリックス内に、他の名前の宇宙人(グレイ、ベガ、プレアデス、アンドロメダ、オリオン、トールホワイト、レプタリアン、etc...)が、自身の分身や一族の一部として、”データ生命体にその一派”を持っており、各派閥の宇宙人は「複数の名前が、星に住むというよりは、同じマトリックス内の”国家や組織”の単位の種族名称として、その特定の惑星の名称や、宇宙人種の名前を使っています。
グレイとはアンドロイド生命体と一般にも情報が出ており、それは「機械生命体」という「データ生命体」と、そして「アモルファス金属系のメモリー」が「脳と精神」にあたる「機械生命」であるグレイがいるのです。このタイプは、他のベガやレプタリアンetc..も、その「金属系メモリーチップ」に「その精神データを保存」する「機械生命体」である場合があります。


下記は画像が「電子状のマトリックスシステムのイメージ画像である」

機械が人類を支配する「マトリックス」の世界は”宇宙人による人類支配”の現実を示唆する

またマトリックスの管理者は「デウス・エキスマキナ」(機械仕掛けの神)、これは宇宙人が実際に「機械の体を持つ神に近い技術を持つ機械生命」である


「裏宇宙の月」が「月の裏側」にある宇宙人の基地のことを言っている。
下記のリンク先の画像のように「月のような・機械で改造した小惑星」が「デス・スター」であり「これは宇宙人の人類管理用基地」として「宇宙の外側の”別の宇宙”」に存在している。

東証JQG上場:3Dマトリックス 銘柄コード「7777」
 「7777は、スロットの当たり数字」これは「将来的に、フィーバーする」銘柄として、マトリックスの社名と「7777」になるよう操作し「マトリックスの中の宇宙人」が運営している。

 ブログメイン記事、宇宙人・地球外生命の「最大の秘密」、人類が「マトリックスの生命体により”いつでもエージェントに精神を乗っ取られる」という隠された真実を記載ています。