宇宙人の秘密 宇宙人からの交信情報(地球外知的生命・エイリアンの秘密・UFO情報)

異次元の宇宙より、宇宙人/ET・エイリアン・地球外生命から直に量子テレポートによる交信をしている著者による、人類最大の秘密を記述しています。

半永久的な電力生成回路・フリーエネルギーが「宇宙人によって急速開発」される

一般に「フリーエネルギー」と呼ばれている、電磁石・コイルを位相反転させ、共振することで、虚部のダークエネルギーを電力に変換する発電の仕組みがあります。
これは「2014年にブラジルでフリーエネルギー装置が開発済み」
原理は現代科学では凄く簡易に出来るものです、「妨害や隠蔽宇宙人・地球外生命に行われた時代は終わりました。妨害が行われなくなりました。」世界に普及進みます。そのため今後もある程度の妨害をする地球外知的生命・宇宙人による”磁力コイル”を用いた燃料の必要がない半永久的発電回路の急開発が進むでしょう。
フリーエネルギーのポイントは、「電磁コイル」をお互いに反対の周波数で相殺させ、
そしてパソコンなどに使われる水晶発振器(クロック生成機)をシステムに用い、(虚数軸をもとに)相反する電磁石の周波数を完全同期すると、虚数の電場の周波数の調整により、最大効率の共振クロックで発電が可能です。

ブラジルの例は設備押収などで、技術の拡散が「妨害を受けた」ようですが妨害は無くなりました、これもすぐに完成品が出来た、完成品が拡散されます。
こちらの「フリーエネルギー装置」日本で購入し研究すればすぐに「完成品が出来る」のではないでしょうか。
参考サイト
http://www.geocities.jp/motoki_mimori/hutchison_effect.html


超効率インバーターを世に出した井出 治様(クリーンエネルギー研究所所長)の動画が次のリンク先にあり必見です。

井出 治さんのフリーエネルギーの書籍はこちら

 宇宙の「ダークエネルギー」を電気に変換するものが「フリーエネルギー」です。虚数エネルギーが「磁力の位相関係の共振により、エネルギーの虚部、ダークエネルギー=エネルギーの虚数の状態の電気的転換」が可能になります。

この原理は「相対性理論の打破」且つ、「宇宙論の上位次元」の理論に繋がるために、地球外生命体による隠蔽工作が終わりを迎え、急速に公開と開発完成します。

フリーエネルギーいんぺいこうさくされた過去の要因
理由は「原子力発電」を継続したいため、
フリーエネルギーが出来たら、原発を世界中から撤去するめどが立つ、原発は「ウランプルトニウム生産」で「核爆弾の原料が作り出せる」ので、原発は世界中で廃止されます。
つまり、フリーエネルギーが開発出来たら、世界中から核燃料禁止をし、核爆弾の危険を減らす活動へシフトできる。
それなのに、フリーエネルギーの開発が隠蔽があったが、隠ぺいは無くなり、今後は急速に完成します。
つまり「核兵器開発推奨派によるフリーエネルギーの隠蔽妨害は無くなりました」
 実際ブラジルで、わずか200Wの入力電力で、12kWの電力が得られるという夢のようなフリーエネルギー装置をブラジル人発明家が発明とありますが、地元警察が機材などを取り上げたという事件もあります。
http://blog.sizen-kankyo.com/blog/2014/09/2386.html
(フリーエネルギーとは電磁コイルの共振原理を用い、虚数電磁場のエネルギーを電気変換する半永久機関、燃料などを使わずに、機械のメンテナンス以外は半永久に発電可能)

フリーエネルギーは、電磁力の共振原理で、
ダークエネルギーと言われる内の一部、虚数磁場と、虚数電磁波をエネルギー利用する技術。
虚数の実部が「この宇宙の実数の光子エネルギー」の実在を証明します。
E=mc^2、この「光速度」とは「フォトンのエネルギー状態」です。
 虚数エネルギーの「電磁波」が「ダークエネルギーの重力放射や重力レンズの現象」を「光が消える現象」がそれにあたります。

E=m(2c)2

温度は虚数、電磁気は実数になる。熱エネルギーは温度上昇と負温度化の相殺が起きる、電機は発電できる。


これは「私たちの宇宙だけの法則」で「他の宇宙では、宇宙空間内の基本構成素粒子=ボソン系や、対フォトンなどの素粒子速度が異なり、それにより、宇宙の寿命とエネルギー総量の関係性の影響と保存されるエントロピー基本の大きさが決まります」
 また「光子が引力を持つ宇宙が、”対の別宇宙”として上位の次元として実在します」そのフォトンのエネルギーが「虚部」が「異なる次元の宇宙、反対の宇宙」の存在を「証明します」
正のエネルギーと負のエネルギーを、電磁気力の若干異なるエネルギー生成共振状態で「異なる方向の電磁気力が、位相の共振により、虚数エネルギー(ダークエネルギー)」が「生成される」。

オイラーの式のeをEと考え、「複素数:それが一番の”宇宙のエネルギー公式”」であると、物理学者は考えてもらいたい。
つまり「πとi」そして「位相」「反転」「共振」、三角関数、電磁気場・電磁気力、それらが「虚数のエネルギー」、それが「負の温度・負のエネルギー(ダークエネルギー)」、宇宙の公式も、その謎が解け、素粒子論や量子力学にも「多大なヒント」を与える。ヒッグス場とは「ダークエネルギーの場」の一部でもある。

フリーエネルギー現実にできるのが3種、(2系統)
・位相共振状態の回路、磁力とコイルを用いた、エネルギー増幅回路。これは起電力の3倍程度の電力を発電するシステム。常温で可能、且つ、設備が簡易。
原理的には、磁力を逆回転で「位相状態」で「高電圧」で「電磁石を2対」で「反対の回転」で位相反転(逆向きの虚数軸で相反)させる。
これにより「磁力が、虚数軸の状態が抽出可能」になる。
(磁力の共振は、1/f 秒の単位で位相関係になるタイミングで磁性反発を起こす。)
1/iの複素数の周波数が「共振」に近い。
・共振状態の「螺旋形エネルギー」を使った「プラズマエネルギー回路」、「エネルギー状態が高温・プラズマ状のエネルギーを電力変換機」、排熱設備や熱で移動する位相電磁場の管理が必要。
・地場の超電導を用いた半永久エネルギー生成システム「常温超電導」、宇宙空間での超電導、 極寒地での”エネルギー損失が少ない低温超電導での ”発電システム”」南極などで「巨大な発電所を作り、高温超電導という、-90度程度での超電導物質を用い、ほぼ冷却エネルギーを抑えた状態で、”共振の螺旋状回路”を作成し、それが、新型核融合炉「ヴェンデルシュタイン 7-X」の「ヘリカル型(ステラレータ)」の「ねじれの原理」が参考になる。
ただし「螺旋の形は、現状より簡素でもよく、ただし”数ミクロン単位での精密さ”が効率を上げる。 核融合の技術のねじれと共振、プラズマの高温状態でなくとも「超電導での”負のエネルギー”の転換」で「安定した電気の創生が可能」これは、負のエネルギーとは「マイナスエネルギー」が「ダークエネルギーに当たる」つまり「宇宙のエネルギー法則の解明につながるため、原子炉より簡単な仕組みにも関わらず、ETにより隠蔽されている」ダークエネルギーとは「負の虚数エネルギー」の状態、つまりその状態が「この地球上のエネルギー状態は”+のエネルギーに対し逆のエネルギー状態=ダークエネルギー”」を創生しない宇宙」として「管理されている」なぜなら「ダークエネルギー」は「反対にあるUniverse」の「相対次元」関係にあり、「この宇宙の物理法則が”上位次元の宇宙の一方の状態”に過ぎない、という「私たちの宇宙が、大きな状態の素粒子の「片方」である、という「宇宙と物理の真理」が判明することになる。

執筆中の文章であるが、いったん公開とする。
IP2 Irms sin(ωt-φI

 E=-νBl(e-+e-)/2i

参考サイト
13歳の天才少年がたった1,600円でフリーエネルギー装置を発明


サイクル循環型フリーエネルギーシステムについて

http://www.geocities.jp/motoki_mimori/circulative_energy_system.html

 
EMAモーターは、発熱せず、逆に冷たくなっていくと報告されている。
虚数エネルギーは、温度が負温度側に発生し、一般の発電と逆に温度が下がる。


gigazine.net

techon.nikkeibp.co.jp

 

当ブログの最大の情報を載せたメイン記事はこちらをご覧ください。