宇宙人の秘密 宇宙人からの交信情報(地球外知的生命・エイリアンの秘密・UFO情報)

異次元の宇宙より、宇宙人/ET・エイリアン・地球外生命から直に量子テレポートによる交信をしている著者による、人類最大の秘密を記述しています。

地球の生命誕生の秘密、DNAを創造した「宇宙の高度知的生命の存在」

人類は、なぜ生まれたのか、その秘密をここで暴露します。

リンク記事をまずご覧ください。
「クレルクスドルプ球体」、これが一種の生命輸送カプセルです。これに限らず「複数の生命輸送の形」があり、さらなる「DNA輸送方法の発見」が「人類が別種の高度知的生命に作成された証明」となるでしょう」

カルシウム製のカプセルや、セラミック物質のカプセルも実在しており、
これが人類の祖先の原種となる多細胞生物のアメーバの一種が混入された。
現代でもその原種のアメーバは存在し、DNAの約半分がこの原種となり、残りの半数は火星由来の生命を一旦凍結させ、その状態で複数の隕石状態にし、地球上へ飛ばし、その原種の一種が、先のアメーバ生命の進化系とDNAが混ざり、その一種が哺乳類の祖先となる多細胞生物の祖先の一要素となっています。
 哺乳類誕生よりもはるか昔に、別の惑星より飛来した、”明らかに地球へ飛ばされてきた金属球”、これが、21億年程度の以前に「人類より遥かに太古より”知的生命体”が実在した」証拠です。
これが、実際に脊椎動物の原種の一種の内包されていた金属カプセルです。
 このクレルクスドルプ球体のDNAは中の細胞がX線や他の手法で”中の有機物がほとんどが消滅させられています。しかしこの金属球という入れ物はすでに証拠が残っています。
高度知的宇宙生命”が地球生命の生み主である証拠
 本当に地球の哺乳類生命の祖先になった、カプセルは金属系ではなく、もっと薄い、殻の生命カプセルが別の時代に落とされており、それが現代の哺乳類の原種のグループです、DNAの直送以外にも複数の手法で、宇宙から生命のDNAやRNAのゲノムの輸送が行われてきました。)火星で育まれた生命も地球へ隕石の形で30数億年前に飛来し、地球の海で、火星由来の生命と地球の原始的生命と配合しされ、地球の生命の祖先の一種になっています。
 鋼より硬い”造られた金属球”を、宇宙を超えて飛ばされてきた、この証拠が、あるにも関わらず、人類はそれをあまり知りません。 それは”宇宙人自体が”、人類に対し、”隠ぺい”するように”外部から精神操作”をし、社会自体が、”宇宙からの遺物”に対し、科学的に証明できないと”宇宙人による精神支配で洗脳され”、科学的な証明が、阻害されて来たのが、現代の科学社会です。
人の注目をあまり浴びないように、先進国は操作され、宇宙人がいる証明がされていないことが、現代の常識となっています。
 

 概ね21億年以前から25億年程度(概算)の間の過去に、地球に運ばれた”超科学技術を持つ知的宇宙生命”による、”ゲノム”のゆりかご、原始的な地球の生命(ただしこれは、鉄の球が開封されなかった失敗例)、成功して、カプセルが破れ、金属型は熱で外郭溶解し、中身が無事に海で残った場合が”生命の原種”となりました。
 ただし、前述の通り、成功例は薄い殻のセラミックやカルシウム系のカプセルに、”特殊加工”をした宇宙カプセルが数千の海での開封が成功し、哺乳類・両生生物の一部原種として、宇宙飛来でのゲノム移動が成功しています。
 火星では30億年以上前に、生命と塩と水があり、「塩基配列を持つゲノムを有する生命」が実際におり、「火星の地中・もしくは一部表面で」「採集可能です」これも地球へ飛来し「ミトコンドリアの原種」及び「現存する多くの種の祖先に繋がっています」「人類は火星由来のDNAも部分的に持っています。」
この実際に残っている証拠のように”高度知的宇宙生命”により、地球の生命の原種が、宇宙の別の星の惑星の生命の運び手により”宇宙より飛来させて”、地球生命が誕生しています。
また、ミトコンドリアの原種は火星の生命を「宇宙人が意図的に地球へ飛来させ」生命の祖先になっています。
宇宙の生命体は、数千億年以上の長い歴史で、宇宙の多数を、行き来し、人類のDNAをデザインしています。

DNAに隠された”人類創生以前の高度知性を持つ外宇宙生命により作成されたゲノムのコード”
宇宙人の実在の証明は、「あくまで架空」と思うかもしれません。DNAには謎があり、地球が以前に高度知的生命がしていた、その確たる証拠が、DNAです。
 これは近年、意図的にプログラムされた証拠があると、一部の研究者が発表しています、これは、実験すれば判明し、”人類創生以前の高度知性を持つ外宇宙生命によりの人類のDNAデザインがされたと立証可能です。
ミッシングリンクの原種となる、特定のDNA塩基配列の先端部分、DNAの生命遺伝子の前の部分、生命のDNA発現の前部分にチェック用・始点となる、共通の一定のDNAコードが含まれています。これは生物目や亜目により異なるいくつかのパターンが存在し、”一定の起点になる、生命の発現用コードと異なる生命発現に対応する塩基配列の前部分(先端部分)にチェック・エラー防止用の起点となる塩基配列のコード”が含まれています。
 重要な点は、その先端部分の特定の塩基配列に、”創造者・DNAデザイナーの名称コード(または生物種の宇宙生命によりつけられた生物種の名称コード”が、刻まれています。ただし原種の生命が現存していない点から解明は非常に困難でしょう)
一番初めにDNAの螺旋の全データを解読し、この事実を発見し、証明すると、”DNA”は、人類以前の”高度知的生命”により、生命デザインをされ、あらかじめ、地球に生命を創造し、生命の進化を、プログラムしていた、と証明できます。
ゲノム先端にある一定範囲が実際には一部が復号すると、名前になるように、埋め込んであります。
実際は、ATCGを、3対と4対、単位で繰り返しがある。コード始点の前に、名称分類となる、螺旋の最初の部分に、一番重要な、分類コード、チェックコード、名称コードともいえる、発現しない部分のコードが起点としてあります。
これは、一部の虫、両生類、爬虫類の一歩手前のある種、コウモリの原種もそうですが、原種は現存していないようです。
地球外でプログラムされた、ゲノムの一種は、宇宙人の管理用に、コードに螺旋の先端に、本来は名称のコードが入っています。
 DNAの始点に大きな違いがあり、種族管理用の名称コードが、暗号化されて含まれています。
それが、名前をDNAに含めるということ自体が、宇宙人がDNAに仕組みを施した証拠である。この部分は一部表現しきれていない状態ですが、非常に高度な分析を行えばいずれ発見されます。
また、こちらは解明可能なものとして、JUNK DNAの中に、チェックコードがあり、有効コード部分と、一部対称であったり、生物による異なる、一種の「エラーチェック」により、「DNAの変異が」一 定の割合で訂正されるようになっています。
ジャンクDNAの解明も、一種の”地球以前にDNAのデザイン・コード化”した”高度知性を持つ外宇宙生命”がいた、の事実証明になりえます。
解読済みDNAを、塩基配列の中で、一部を入れ替えた状態で、ほぼ半分近くの塩基の対の状態で
一部が一致する配置が、宇宙により「DNA変異の制限」の仕組みが、一定量付けられている、根拠です。
宇宙人の生命は、非常に半永久的に、長く、何度も自身の複製を作成し、転生のように、自身を作り替える技術も存在し、宇宙を超えて、自身のコピーを、次々と作成し、別宇宙に拠点を造っています。物理法則が異なる異次元の宇宙にも、自身の分身を作り出すという技術の水準となっています。数千℃の高温に耐えうる”人工知能”を持つ作業用の超高度生命も作成可能です。

昆虫は宇宙人なのか!?昆虫進化の歴史に潜む謎のミッシングリンクを検証する。 - そよかぜ速報

最初に出現したのは、シンプルな仕組みを持つ「トビムシ」。その体長はわずか3mmで、世界中のどこにでも生息している。トビムシの次に昆虫が現れるのは、そこから7000万年後。この時期にいきなり沢山の種類の昆虫が大発生している。、この7000万年の間にトビムシと他の昆虫をつなぐ化石がまったく発見されていないのだ。

 カナダの高校の生物の教科書には、生命誕生の3つの説として、「進化論」、「神による創造」、と「異星人エロヒムによる科学的創造」が紹介された。
「神」とは異星人(地球外知的存在)であり「異星人エロヒム」と「生命創造の神」ほぼ同義です。

http://www14.plala.or.jp/tm86/newpage8thebook.html