読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙人の秘密 宇宙人からの交信情報(地球外知的生命・エイリアンの秘密・UFO情報)

異次元の宇宙より、宇宙人/ET・エイリアン・地球外生命から直に量子テレポートによる交信をしている著者による、人類最大の秘密を記述しています。

宇宙人と地球外知的生命による天災の発生と、9.11、3.11の事前の予告

ET エイリアン UFO テロ 宇宙人 東日本大震災 同時多発テロ 9.11 3.11

911及び311は事前に予告され、意図的に”ET/宇宙人による操作により”引き起こされた「意図的な災害」です。
ET・宇宙人とは「人類を管理している存在です」そのため「天候操作と地震発生システム」を「外宇宙の宇宙人基地(AnotherUniverseMoonのコロニー帯)といわゆる、デス・スターに近い小惑星帯の改造機会惑星)」が「私達の知る宇宙の外側に現実に実在しています」

その月の宇宙人基地にある宇宙人/ETは、宇宙人は天災の操作と意図的発生システムを保持し、地球の天候や災害の管理をしています。

 宇宙人/ETは「人類の脳を別宇宙より遠隔操作するシステム」により、「9.11の意図的発生と操作」及び「テロや戦争」も同様に発生させています。
そして「3.11と9.11の事前の作品などへの埋め込みや、預言を行わせています」

地震は意図的な誘発が可能であり、長期間の管理により、抑制と発生のコントロールが可能です。
3.11の東日本大震災は、宇宙人の内の「特定の派閥・組織」により引き起こされた天災です。

日本建国をしたとして古事記に描かれている神武天皇の在位期間神武天皇76年3月11日までされており、3月11日東日本大震災と日付が一致しています。
https://ja.wikipedia.org/wiki/神武天皇


映画「世界侵略:ロサンゼルス決戦
2011年3月11日」に米国で公開。
これは「エイリアンによる”東日本大震災の予告映画”」です。
公開本編の冒頭数分で「西海岸時刻14時46分」(エイリアンが)「世界の12の地域に進攻」と放送されます。内容はエイリアンによる地球侵略を描いた作品となっています。まさに、14時46分は「東日本大震災の発生時刻」と分まで一致しており、「映画の米国公開日も2011年3月11日」という映画です。撮影は「2009年」に行われたそうです。
この映画は、「地震の日時を完全に事前に計画していた」「さらにエイリアン/ETの人類への攻撃」を示している「3.11の予告映画です」

「映画マトリックス」モーフィアスの船に「MARKⅢ No.11」=「3.11」の記載
3.11
つまり東日本大震災の日付を示唆している。(同時に日本でのマトリックスの公開日は1999年9月11日

ハリーポッターの著者の「クィディッチ今昔」という2001年9月発刊の書籍、この1ページ目に「図書館の”借りた人の名前 返却期限”」が記載されており、最後の名前が「ハリーポッター 3月11日」となっています。また「この本は96ページ」です。(後述)

小松左京の小説『日本沈没』(1973年発刊)の記述に”3月11日午後2時の記載”
”アジア東部の大陸棚、とりわけ日本列島弧を中心にして、巨大な地殻変動が起こりかけている、というアメリカ測地学会の発表が電撃のように世界をゆすぶったのは、”3月11日”、当初予定されていた政府発表の期日の3日前だった。―アメリカでの発表は東部時間の午後2時、測地学会会長のユージン・コックス博士と衛星観測部会の責任者の緊急談話の形で行なわれた”
「3月11日、そして午後2時」「日本沈没」という「3点の東日本大地震の情報を事前に予告する作品への”ET/宇宙人による”情報の埋め込み」となっています。

横綱白鵬は「第69代横綱」で「1985年3月11日」に生誕しています。(96の埋め込みと関係)

映画「風の谷のナウシカ」の映画公開日「1984年3月11日」に封切られました。
放射能で汚染され、人が住める場所が限られている世界」を描いています。

私が見た未来 (ほんとにあった怖い話コミックス) 著:たつき諒 1997年7月発行
大災害は2011年3月」 と表紙に書かれている。

この”日本建国の祖でる初代天皇”である神武天皇崩御した3月11日、この日付に”天災”をあらかじめ予定日とし、「世界侵略:ロサンゼルス決戦」「クィディッチ今昔」「日本沈没」「風の谷のナウシカ」に「3月11日」を組み込んでいます。

 また、311は素数であり、11も素数です。素数日は宇宙人が大きな力を使う際に、選んで使う日付です。(これは映画「Cube」に「素数は罠」であると”映画にヒント”を埋め込んでいます)また、日本の建国日は新暦2月11日であり211は素数です。


アメリカ同時多発テロ事件
911も同様に素数であり、こちらは集団の人類遠隔脳操作により、引き起こされています。911事件は、11日であるだけでなく緊急通報用電話番号が「911」、アメリカン航空11便に、クルーが11名、110階建のツインタワー、日本の消防吏員11名が現地入り、(報道時)1100名の行方不明者であった、という作為的な事件です。

また、預言者と呼ばれる「宇宙人と交信し預言をする人」による911事件の預言がされてます。

預言者 ヴァスーラ・リデン(Vassula Rydén)の預言

1991年9月11日のメッセージには次のように書かれている。
「地上は震えおののこう─そして塔のうちに築かれたすべての悪は どれも崩れて塵の山となり 罪咎(つみとが)の埃(ほこり)の中に埋もれよう! 天上では、天が揺さぶられ 地の基も揺れ動く! 御父のみ手が冬に下されないように 祈りなさい。」

ヴァスーラ・リデン - Wikipedia

塔はツインタワーを示し、”地上は震え”、”どれも崩れて塵の山”、まさにグランド・ゼロを示しています。
日付は
 9月11日、年度も1991と911に含まれる9と1の年度になっています。

実名ヴァシリキ・クラウディア・ペンダキス(Vassiliki Claudia Pendakis)、Claudiaは「小惑星 311Claudia」の名称とも一致し「311を本名にも含んでいる」

ジャンプ作品での9.11の告知
ジョジョの奇妙な冒険」20巻には、「預言の力を持つトト神のスタンド」の預言により死亡する男性の服に「911」の文字が描かれており、さらに「電柱と死亡する男性が日本の柱の方に描かれ、ツインタワーの暗示」になっている。さらに911の文字が書かれたシャツを着ている男性が「おっ10時半だ!」というセリフがあり、それは「ツインタワー北棟の倒壊時間が10時28分」でありそれにも一致している。

ジャンプ漫画「HUNTER X HUNTER」幻影旅団で「死亡したメンバー」が
「No.11ウボォーギンと、No.9パクノダ」さらにパクノダは119話で、ちょうど死亡している。予告として「9.11に一致させている」(119話は2001年25号(2001/05/22発売)に掲載)

  アニメ「るろうに剣心」(1996年1月10日より放送)の「緋村剣心」役の声優「涼風真世」は「1960年9月11日」生まれである。さらに「石巻市出身」(3.11の被災地)。これは「ジャンプの作者も”宇宙人達がテレパシーを送り”作品に911や311を反映させているという現象です。

映画 黒い罠(原題: Touch of Evil) 
1958年4月23日公開:上映時間96分(劇場公開版)
再上映となる(修復版)を 1998年9月11日公開、 上映時間111分)
9月11日は年始から254日目にあたり、年末まであと111日ある。
つまり修復版の上映時間111分は9月11日に合わせた数字として宇宙人が考えています。

 い罠は原題と異なる”黒”をタイトルに付け、さらに劇場上映時間96分です。これも「黒」と「96分」であると作品に埋め込む”黒の宇宙人の操作によるものです”
そして、1998年9月11日公開であるのは、911”があらかじめ”予定日”であったことを、作品に埋め込んでいます

映画「マトリックス」の日本での公開日は「1999年9月11日」です。(米国公開日と異なる)、同時にモーフィアスの船のナンバープレートにも「MARKⅢ No.11」→「3.11」を示す文字が刻まれている。
機械が人類を支配する「マトリックス」の世界は”宇宙人による人類支配”の現実を示唆する映画であり、911に関する”あらかじめ仕組まれた宇宙人の天災の予定日”を映画公開日に組み込んでいます。実際にマトリックスのデータ状態の疑似人格を持つ人工知能が、地球管理システムとして”別の星”にあります。

(今後も11のつく日に災害が起こる可能性があります。)

このように「宇宙人は、天災やテロの意図的操作・発生をしており、また映画や書物、あらゆる人の行動を操作し、”96”の数値や、3月11日、9月11日を事前に”有名な映画”の公開日になるように映画関係者を操作していたり、”書物や作品に宇宙人が関与した数値を、製作者達の脳を操り、埋め込んでいます”

宇宙人のシステムによる雷雲の操作 
天候管理システムが異次元宇宙の宇宙人基地にあり(HAARPと言われている)
雲は意図的に引き起こせ、雷も意図的に落とせます。
2015年に、Googleのデータセンターが4度落雷に襲われ、データが失った事故も、宇宙人の操作で意図的に引き起こされたものです。


◆宇宙人の一部による「96と黒、クロのコード」が存在します。

例えば、「96という数字、2015年当時、安倍総理は96代目総理(90,97代)です。 
2014年に憲法96条を改正すべき、と発言しています。

田中将大選手:2013年9月6日 日本プロ野球タイ記録のシーズン20連勝
2015年9月6日、夫人の里田まいが第1子妊娠を公表
横綱白鵬」が69代横綱で誕生日が「1985年3月11日
また相撲の歴代最高連勝の69連勝、であることも、69に合わせたものとなっています。

ハリーポッターの著者の「クィディッチ今昔」の最初のページに3月11日と刻まれ、96ページであること。
映画 黒い罠(原題: Touch of Evil) 1958年4月23日公開:上映時間96分の邦題に「黒」を付け、96分の上映時間であり、1998年「9月11日」に再度(修復版)を公開したこと。
これは偶然ではありません、「96に数値を合わせている、それだけのコントロールが叶なのが宇宙人のもつ人類操作のシステムと技術です」
 他にも96や黒が使われた”実在の製品やメディア・サービスに使われる数字”、これは製品コード・バーコード、製品のスペックの数値(9.6なども含む)、企業の電話番号、発売日、発刊日、公開日、放送日、ページ数、映像の分数、様々なところに「数字を埋め込まれています」

 

ゼイリブ』(They Live)は、1988年製作のアメリカ合衆国のSF映画。
上映時間:「96分」

内容:既に地球にはエイリアンが溢れていて、政府の中枢も、テレビ局にもエイリアンが人間のふりをして入り込んでおり、人間は彼らに支配されていたのだ。人間達はニセの現実の中に生かされていたのだ。

これも「96分」の上映時間に操作して調整し、エイリアンがありふれる世界を描いています。

96と69「と6の数字」は「ET/宇宙人」が「数字の証跡」として「人を脳の遠隔操作」により「その数字になるように”人の遠隔操作”をしています」

66、69など、6と9に纏わる数字が総理大臣にも見られます。

また「96以外にも、前述の11に加え、22、44」「96のグループは、6、60、66、69、99」などにも使われています。これは「宇宙人が関与した場合に多く使われる数字です」

メインブログ記事はこちら、「この最大のパンドラの秘密」をご覧ください。