読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙人の秘密 宇宙人からの交信情報(地球外知的生命・エイリアンの秘密・UFO情報)

異次元の宇宙より、宇宙人/ET・エイリアン・地球外生命から直に量子テレポートによる交信をしている著者による、人類最大の秘密を記述しています。

地球上以外の知的生命・宇宙人について

近年、宇宙人の情報が出回るようになり、1930年後半から、1947年のロズウェル事件をはじめ、UFOが出回るようになり、エイリアンの登場も、人類の歴史からすると最近のことです。
しかし、この「UFOやエイリアン・宇宙人」とは、別に、「もともと地球自体を、長く、地球外知的生命(宇宙人)が、管理、操作していた」という事実が、本当の真実であす。
 つまり、地球人誕生以前から、「地球を管理している地球管理用の別の星やコロニー」が、複数の異なる宇宙に存在し、さらに多数の基地があり、そこから、地球を管理しています。
そして、その「地球外知的生命(宇宙人)」は、宇宙人という概念や情報を、地球上の人間に対し、隠ぺいするルールで運用されてきていました。そのため、地球人に対し、別の星や、別の宇宙の中にさらに星々があり、その中に、人類を遥かに凌駕する、時の観測が、地球人の1秒が数万倍以上の長さで観測可能なほど高度な技術を持つ、地球外知的生命(宇宙人)が、異なる宇宙(異なる次元の宇宙)から、人類を管理しているという事実を隠してきたのです。
 そのため、古来から、神、天使、仏、精霊、妖精、霊、魂、物の怪、怪異、妖怪、悪魔、ゴースト、幽霊、怨霊、魑魅魍魎、など、地球人以外の知的な存在が、実際は地球とは異なる星にいる、知的存在が、伝承や物語で、伝えられていたのです。
 創世記であるように、最上位に近い神が「宇宙を創り」、太陽と星々を作り、星を動かすほどの重力を操作し太陽系を作り、地球の環境を整え、植物と動物を作った。
 それほど、途轍もなく高度な科学技術を持つ、高度な知的生命が、神という存在として、人に伝えられていたという事です。
そして、この宇宙を創り、星を動かすほどの神とは、現在の地球の神とは異なります、地球を管理するための、地球の管理神を、上位の神という高度な知的生命が作り、その地球の管理神の下に、さらに宇宙人という知的生命体達が作られたのです。
 地球人からみた宇宙人とは、大まかに、地球管理惑星群の地球外知的生命(宇宙人)と、それを管理するさらに上位の惑星にいる、上位種の地球外知的生命(宇宙人)、その宇宙人達の方が、人類よりはるかに速い速度で文明を進化させています、そのため、地球人の一年で、種族により、数百年から数万年単位で進化するのが、地球外知的生命(宇宙人)という種族です。