読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙人の秘密 宇宙人からの交信情報(地球外知的生命・エイリアンの秘密・UFO情報)

異次元の宇宙より、宇宙人/ET・エイリアン・地球外生命から直に量子テレポートによる交信をしている著者による、人類最大の秘密を記述しています。

地球外生命・宇宙人による共時性現象、人類操作の改善について

地球外生命 ET エイリアン テレパシー マインドコントロール 宇宙人

共時性」「シンクロニシティ」の事象は、「地球外生命・宇宙人・ET」達が「本人と、その事象を動かすための関係者」を「遠隔操作」することで「事象操作」をし「共時性」現象を起こしています。
「人の脳を遠隔操作」する「アバター操作技術」で「共時性」が起こせる、ということです。
映画「イーグル・アイ」が「共時性」現象を体現させた映画の一つです。
「知性を持つスーパーコンピュータ/ARIA」が「町中を監視可能なシステムを、人工知能でシミュレーション」し起こしている、
映画ですが、これが「宇宙人基地に、都市丸ごとの人間を管理するシステムが実在している」ためでもあります。

宇宙人が「アバター操作」と「シミュレーションで、予測する技術」で「タイミングを合わせ、数字などの共時性現象」を起こしているのが「共時性シンクロニシティ」と言われています。
理由は複数あります、「一部の人間に、”共時性”現象を見せて、不思議な体験をさせる」
「”大勢の人間に”、宇宙人の通常に認められる行為として、共時性の操作をさせる」それを、宇宙人の文化に近い状態で、推進している一派があります。
それにより「多くの共時性をさせること」により「本当に重要な共時性操作の現象・本来の核心となる共時性」を、”他の量産された共時性現象が多数あることで、多くの中の一つとして隠すために使われています。
言い換えると「少数の重要な神聖現象」を隠すために、「多数の共時性現象」を作り出しているようです。しかしあからさまな地球の哺乳類の人間に対し、身体ダメージや疲弊は起きなくなりました。

地球上の1秒単位未満タイミングを調整可能なでの「事象操作」は「数千回以上のシミュレーション」を行い起こしており、数多くの宇宙人といえるETI達の努力が行われています。
研究や実験で行っている場合もあり、人間社会を操作して、「宇宙連合のためのTV番組」を作り、「地球管理局以外の、エイリアン達」に「地球の人間のドキュ メント映画」のように「配信し、お金にあたる電子マネーを稼ぐ、宇宙人が、技術を貰うための、宇宙電子マネーのお金稼ぎ」のためにも「共時性」操作をする 場合があるようです。
9.11のドキュメント番組を宇宙人TVで作り「エイリアンに配信し」「高視聴率」を得ていた宇宙人のコミュニティも存在しています。
宇宙人達は「人類を遠隔操作」して、「オンラインゲームのように遊び」、且つ人類を競馬の馬に「人の脳を宇宙人が操縦する」遊びとして扱い、さらにギャンブル場にし、賭け事をして、宇宙人達のビジネスにしている場合もあります。ただし宇宙連合や銀河連邦の重要人物は被害には遇いいません。
このように「精神性の低い、人の脳を遠隔操縦出来る高度技術を持つ宇宙人」が非常に問題なのは、地球を管理する権限を持っているということなのです。(これも改善されました)
 この、人の脳の遠隔操作技術は、全国・世界中で行われ、戦争の原因やテロの発生、銃乱射事件や、交通事故、災害や、多くの事故や死亡が、宇宙人による脳の遠隔操作により発生しています。
 こういった実例を世界中で公表・研究する事が進みました。