宇宙人の秘密 宇宙人からの交信情報(地球外知的生命・エイリアンの秘密・UFO情報)

異次元の宇宙より、宇宙人/ET・エイリアン・地球外生命から直に量子テレポートによる交信をしている著者による、人類最大の秘密を記述しています。

ET/宇宙人に関する証明や科学的立証・事実の検証

ET/宇宙人に関する証明や科学的立証・事実の検証
11/23編集

・テクノロジー犯罪被害、電磁波攻撃・音声送信の被害者に関する検証及び解明
テクノロジー犯罪(集団ストーカー被害)の被害者は数千人単位規模、「テクノロジー犯罪」「電磁波被害」「電磁波攻撃」「集団ストーカー」で検索すると「被害実態を記載しているブログやWebサイト、youtube等、Web上に多く見つかります。」
※被害者の会が日本の各地に存在します。それにもに関わらず、公的機関はほぼ対応しない状態です。
その要因はETによる”重要機関の人々の集団脳操作”で、隠ぺいするように「集団操作されています」
被害実態が多くされているにも関わらず、テクノロジー犯罪は。統計による被害報告すらない状態です。
被害実態の「解明と研究」で、「ET被害」の研究による”音声送信”がテレパシー技術、脳の神経電位にワームホール転送が行われている、結果からの立証が可能です。
これは「幻聴」でも同様、さらに「精神疾患の半数程度は」「宇宙人の外的脳操作」が要因となっています。

※「サッチャー元首相」が「無くなった旦那さんの幻影と幻聴、無くなった旦那さんの声が聞こえる、というドキュメンタリーがTVで放送されています、この”幻聴の詳細がET”による”合成音声”を”脳へテレパシー技術で送信していた”、というのが”真のサッチャー首相の幻聴の真の要因です。つまり”幻聴とは”幻覚ではなく”ETの脳への情報送信の一種”です。」


・電磁波攻撃、これはワームホールの原理で「空中より発信可能」そのため「電磁波シールドルーム内でも”電磁波が検出”できれば”確実に”ワームホールで”電電磁波の転送”が”ET/宇宙人”が行えると判明する。
ちなみに筆者は「電磁波測定器HF-59B(ドイツ製の専門機器)、この機器は「携帯電波とWIFI周波数帯域の電波を測定し且つ”電波を音に変換する”機能があります。
その”機器の機能として、ただの電波のラップ音が聞こえるだけの状態を、ET/宇宙人が高度技術で電波に復調変換し、
柱時計の音=「チッチッチ、ゴーン、ゴーン」とリアルな「ドラマで使われるような”真夜中のの柱時計のシーンの音」、その音になる復調をし、「電波をワームホール転送、及び変換した」、つまり「ワームホール経由で、電波は自在に発生可能」(これは放射線帯域も可能です)
別件となりますが「放射線測定器のDoseRAE2」を「アラームが鳴るしきい値1.0μSv/h」を丁度少し超える程度に「自在に値を上げられる」操作を可能としていました。「放射線のシールドルーム内で”放射線測定”をすることでも”放射線=電磁波の波長を自在に変換可能”であると、計測と実証が不可能ではありません」


・「素粒子物理学量子力学宇宙論」それらの総合で「この宇宙以外の”別の粒子”が”外部・宇宙を超えて、量子的相転移”、ワームホール素粒子の単位で可能とさらに”知的生命による意図的送信”があると科学的に立証する。

・反素粒子・超対生素粒子の一部・エキゾチック素粒子(の一部)が「粒子加速器」を使わずとも「通常の生活環境」で「測定が可能です」「ET/宇宙人のシステム」は「自在に”ワームホールでの電子サイズ以下の素粒子の転送”」
そして
1「超高次宇宙の技術で」「素粒子の”単位変換”」を「一般生活の人体の体内の脳内部や身体の部分干渉を”先進諸国で行っている”」

2「宇宙の高次領域(小Cosmos)」「そこから”ボソン”の一種”超対生素粒子のゲージ力”の量子的な”干渉”及び”ゲージ力の外部伝達”」が「スポーツなど”物体浮遊の力と同じ技術を”、スポーツ選手の体や、ボールなどに「ゲームとして使っている」
つまりマラソン及び、短中長距離走に「ゲージ粒子を使い”リニアのように身体を軽くする”ゲージ力を使うことで「チート」が一部選手に行われ、「メダル」が授与されている。

3.「対生素粒子(仮称)」「対の粒子」「反素粒子」と呼べる「別の宇宙=反宇宙と呼べる”反素粒子宇宙”」から「量子的な転送(相転移にニアイコール)」が「これは、この地球宇宙が”低位の次元”と呼べる宇宙」であり、それが「高次宇宙といえる状態から”素粒子は対として” ”反素粒子"
の”位相反転”といえる”数学的な”反転の位置”が、”SinやCosin”の計算で可能な”位相の状態が逆転する一点”で、”素粒子の”反転(回転が半分反対)”、「素粒子のスピンの”変更”」これは「地球の学会で定義されている”スピンの1/4”」を、三角関数素粒子のスピンを計算し、”1/4”の一点の位置を特定することで「素粒子の位相転換」が「上位の宇宙から”出来る”」つまり「上位の次元が高次元と呼び、そこからは”地球の素粒子は”ETの超科学技術”で素粒子は数千分の1秒未満の時間で”自在に転換が可能である”」(後で再度文章を微調整します)

 

「ボソンやゲージ粒子の”ボソン単位での素粒子の転送」と「地球宇宙の素粒子転換」
「検出器だけを多く設置し」「日常空間でも粒子の外部転送が起きている事を”高度な専門検知器で測定可能である”」その実験・検証と統計で「別の宇宙より”素粒子の転送/量子転移”が起きている」と「証明が可能である。


・DNAのプログラムコードである研究
DNAのゲノムコードの「起点」の特定、及び、「DNAコードの創造者による外部プログラムがされているという正しい理解」
「ゲノムの始点の判別」と、
「DNAのコードプログラムの言語化されていると特定する」、「DNAがコンピュータ言語のように、プログラムコード」であると「立証可能である」

DNAコードは、複数種類の言語コードになっている。
それが箇所により異なる。「解析方法が一部は純粋な解明可能なDNAの発現部、これが今解読している箇所にあたる。」
一部は”高度な言語”、JUNK DNA部分が特に「復号部分の暗号ヒントが含まれる」及び「JUNK DNAの一部は”高度な暗号化された言語プログラムになっている”」
簡単に解明なコードの状態と「非常に高度な暗号的な言語になっている箇所」その「解明をすると」それが「DNAコードが本当のプログラム」だと分かる。


・「生命のDNA輸送カプセル」が「世界各地に出土している」その「研究と証明をする」クレルクストルプ球体は「一時代だけではなく、いくつかの時代に”DNAの地球外からの飛来を”人工的カプセルで行っている」「素材と形状は、時代ごとで複数の種類がある」

オーパツなどで「人類史以前の”人工物”」が「科学的に重要な、人類史以前の知的生物がいる証明と、重大な研究として扱う」

・人類がテレパシー技術(アバター操作技術)により「脳を外的操作を受けている」その現象の統計的情報収集、及び事象の収集と解明。

・宇宙人/ETによる人類の遠隔脳操作が要因となる「事故・死亡」などの分析。


・それらを総合的に「科学的に研究・立証」し公的な「別宇宙の実在」及び「ET/宇宙人」が「ワームホールの転送/物理現象を地球外から干渉できる」、それを証明する。

これが今世紀以降の「人類の必須課題」です。

 

軍事ドローン・武装ドローン問題
ET/宇宙人、地球外高度知的ETが「電波をワームホール転送できる」
これは「電波監理するドローン」はETが電波介入し遠隔操作可能、これは「高度な干渉が可能であり、既存の人が発信した電波を書き換える事すら可能です。
つまり「電波操作する軍事ドローン」は「地球外ETにより”操作を奪える”」という重大な欠陥があります。

メインブログはこちら。