宇宙人の秘密 宇宙人からの交信情報(地球外知的生命・エイリアンの秘密・UFO情報)

異次元の宇宙より、宇宙人/ET・エイリアン・地球外生命から直に量子テレポートによる交信をしている著者による、人類最大の秘密を記述しています。

宇宙人の”隠ぺい体質”は無くなった。

初めに、高野愼介の情報開示は、紀元前よりの人間に対する電磁波系などの低い技術での電磁波系テレポートによる人体被害などを、認知・対応を地球の人類が知識としてしり、対応するためである。
古くは、古代エジプトなど王族が金や銀の王冠やネックレスなどで体を覆うのは、電気伝導率が高い装備を頭部や胸部にすることで、電磁波の転移の防護をするためにつけていた、という点は、古代より電磁波テレポートの関与があり、対応をしていた事実である。
 近代、携帯や無線機器が都市中に設置され、かつ2.4GHz帯という電子レンジに近い体内浸透率や水分子へのエネルギー影響が高い周波数帯が無線LANの標準周波数になっているという明らかな不具合も改善が起きるべき点である。
実際、人類を防護している地球外存在の設備も、無線機器のために監視の邪魔になるのを、電波規制をした都市構造なら監視や防護もしやすくなる。

そのため、地球外存在の人類干渉が世界中で素粒子のテレポートにより行われ、且つ高度なボソン系の素粒子転移以外に、電磁波・電子のテレポートによる簡易的に人体の操作と被害を与えられる仕組みの、地球の物理次元、基底現実の地球人による認知と情報共有、対応策、設備の設置などのため、地球外存在の干渉事実を明らかにし、対応することが望ましい。

・逆位相コイルを用いた電磁波吸収のウェアラブル装備の充実
・電磁波防護、身体アース、帯電静電気などの除去の衣服の普及化(これは実際に西洋中心に販売されている)
ウェアラブルの身体測定機器の開発、身体電位や放射線・電磁波などの測定
・都市中に電磁波の測定器などを設ける
・法的な電波規制、2.4GHz帯付近の禁止、有線でのネットワークやケーブルTVの充実でできる限り無線、電波の発生を都市からなくす。
・重要な業務をする者たちは電磁波シールドルームなどで職務や生活をこなす。
・精神医学は、地球外存在からのテレポート干渉で起きる症状が大半であり、精神医学自体”偽の学問”であるため、精神医学自体が虚構の産物であり、投薬で根本解決しない事実の改善、これは前述の電磁波対策などである程度緩和や改善が可能なケースがある。

など、電磁場系の干渉に対しては、知識の普及、対応が、現代人のレベルでもある程度可能である。

これは、地球の管理をする地球外知的存在のうち、既存の地球の現実社会に対する”地球外知的存在”の詳細情報を明らかにしたくない派がおり、長年かけて”地球外存在の実在を隠し運営してきたので、明らかにしたくない”という思考があるようだが、古代より続く「”地球外存在の干渉”による地球人の被害や問題」の対応を、現代の科学と技術で、対応がある程度可能になるからです、それは前述の対応策の例の通り。
”地球外知的存在”の詳細を明らかにする一派は、これらの「地球の人間の社会における、地球外存在の素粒子などのテレポート干渉による被害や問題」に対応するために、明らかにすることを推奨している一派である。

(これ以外に、この変革に乗じて、悪性グループが利権や宇宙人同士のマネー稼ぎに便乗しているという問題も取り払う必要がある)

___________
宇宙人は「その力と人への干渉」を「隠してきた事実があります」、歴史上「マヤ文明マチュピチュ、モアイ像、各種の”特殊な宇宙人の関与した文明”は、過去に幾度も”隠ぺいされてきました”」しかし今は隠ぺいされなくなった。


「公開しても問題がない干渉」に対し、
「公開されると、人に危害や被害を与えた”犯罪や不正”にあたる行為」こちらが、公開する事が被害軽減になります。宇宙人達の行為は”人”自身は止められます。
公開されると、”人に被害を与える行為やその同系の内容”が人に明らかになります、それを公表されることで、その宇宙人達が”権限を損なう対象になります。
人の犯罪や悪行と同様です。
そのため「公開することが、”低級であったり、悪の宇宙人にあたる存在”」を、排除する手法の限られた中の一種です。
問題は「人により判断が異なる干渉」の存在、こちらは「ある人が、別に注目されるほどの実力が無いにも関わらず”引き寄せ”に近い力で”他人よりとても強力な”、恩恵を受け、お金や、評判や、人望を得る、これが”単に宇宙人がその人物を単に”他の人への嫌がらせのため”には与えられない。
例えるなら”本能寺の変”これ自体は”宇宙人が信長を倒すために”、あえて兵をほぼ連れずに本能寺に駐留させ”明智に謀反を起こさせた”、このような”特定の人物を落しいれられない”、宇宙人の”特定の人への嫌がらせ”、は存在しなかった。