宇宙人の秘密 宇宙人からの交信情報(地球外知的生命・エイリアンの秘密・UFO情報)

異次元の宇宙より、宇宙人/ET・エイリアン・地球外生命から直に量子テレポートによる交信をしている著者による、人類最大の秘密を記述しています。

攻殻機動隊に見られる「宇宙人が作品に込めた”人類の遠隔操作の技術”の情報・隠された技術情報」

総務省も認めた、攻殻機動隊 REALIZE PROJECT × SECCON CTF for GIRLS」専用可視化エンジン“AMATERAS零”を開発、国立研究開発法人 情報通信研究機構で開発中です。

プレスリリース | 「攻殻機動隊 REALIZE PROJECT × SECCON CTF for GIRLS」専用可視化エンジン“AMATERAS零”を開発 | NICT-情報通信研究機構
[画像は上記の情報通信研究機構のリンク先ページより]

http://www.nict.go.jp/press/2015/10/img/20151019-01.png

www.facebook.com

攻殻機動隊」は「脳のハッキング技術」について描かれているため、作品は「脳の遠隔操作についての貴重な、参考作品です」

原作から「新劇場版」まで多数作品がございます、一度「脳のハッキング」についての観点や「通信は宇宙人が作っている」という視点でご覧ください。
表現部分には「射撃・格闘技術などのデータダウンロードによる実践」などもあります。
これは「電脳ではなく”生身の人間”で”宇宙人の技術で既存技術”として”電子や素粒子レベルでの外部転送”によって数億人単位で”すでに実践されています。」
 つまりこれは”宇宙生命や宇宙人の手による、人に技術を知らせるための作品”が”攻殻機動隊”であり、”アバター”と同様に”電脳というマイクロマシン”が、人類の”生身の脳”で、”すでに宇宙人は爬虫類が生まれた時代で既に運用しており”、それが”現代で高度に制御が可能となり”、且つ”数千万、数億人単位”、十億人以上も”技術レベルを高くしなければ、全人類の操作も可能”という技術です。それに伴い「人類を管理・運用するために作られた、機械宇宙人、アンドロイドエイリアン、が人類の数より二ケタ以上多い数の”生産・作成”が行われたのが近年の人類を管理する”地球管理者となる宇宙人”の現状です。
 また、別種の宇宙人が、多数存在し、「複数の宇宙人の宇宙の宙域と、多数・多種の”あらゆる別種の宇宙人達”が、多数存在し、それぞれが、現在非常に、地球に対して、現状の状態を公開するか、しばらく見送るかで”対立・且つ競争中”です。

 人類が「早く正式に”この宇宙には多くの高度知的宇宙生命が存在し”、人類自体が創られ、他の新種の生物も”創生され”、さらに宇宙の別の場所から”外部操作・素粒子の転移や転換・変異”、脳の遠隔操作技術が、”先進国や多くの人・数億・全人類まで管理可能”な状態であると、”事実が判明し”、科学的に証明されるよう、願っています。

実在する宇宙人からの”真実を多く含んだ”最新に近い情報です。

下記Webリンクにて公開中です、ぜひご覧ください。

multiverse.hatenablog.com